MENU

女性と話すのが苦手な凡人会社員が、克服した方法を紹介するサイト

女性と話す 苦手 

 

こんにちは、はじめまして!
当サイトにご訪問頂き、ありがとうございます。

 

この記事を読まれている方は、女性と話すのが苦手、不得意な方だと思います。
以前の僕も、全く同じでした。
というか、苦手どころか怖さみたいなものすら感じていた頃もあります。

 

というのも、女性と話しても全然上手くいかなかったからです。
惨敗の連続で、自信が有りませんでした。

 

色々と考え、色々な方法を実践してきました。
失敗もしてきましたが、ある方法によって克服することができました。

 

この記事では、その克服方法をご紹介していきたいと思います。

 

必ずしも同じ方法を選ぶ必要はありません。
ですが、もし今後克服する為の方法を考えた際に選択肢の1つに加えて頂ければと思います。

 

宜しくお願いします。

 

どうして女性と話すことが苦手なのか

 

まず、どうして女性と話すことが苦手なのでしょうか。

 

全ての男性が女性と話すのが苦手なわけではありません。
自信満々に会話が出来ている男性もいますよね。
男性の中には周りと比べてしまい、自信を喪失している方もいるかもしれません。

 

どんなことでも、原因があります。
女性と話すことが苦手なことについても、ちゃんと原因があります。
ですから、別に深刻に悩む必要はありません。

 

では一体何が原因かというと、女性と話す経験が不足しているからです。
だから、何を話せば良いのかも分からず、苦手意識が芽生えているのです。

 

女性と話すことについては、授業などで教わる機会はありません。
これについては、男性自身が経験するしかないというのが原則なのです。

 

日常生活や学校生活で女性と話したり、誰か女性を好きになることで経験をします。
失敗もありますが、成功することもあり、それが自信になっていきます。

 

ですが、経験次第となればこれは個人差が生じてきます。
環境の問題とかで、女性と話す機会が限られてしまう方もいるのです。

 

例えば部活動に打ち込んでいたとか、女性と関わる機会が殆ど無い男子校だったというケースです。
この場合、どうしようもないですよね。

 

教わる機会も無い上に、経験も不足している。
ともなれば、女性と話して上手くいった自信もないわけです。
それならば、苦手になってしまうのも無理も無いことなのです。

 

ですから、この記事を読まれている方は苦手意識を持っていることに対して、そこまで深刻に考える、悩む必要は無いのです。

 

但し、女性と今後上手に付き合いたい場合、苦手意識は少しでも克服する必要はあります。

 

恋愛番組や婚活からも明らかな様に、女性と付き合うには会話力が大事だからです。
苦手意識は女性にも伝わってしまいますから、今後は努力して克服しなければなりません。

 

誤解して欲しくないのですが、会話が上手になるというのは相手に合わせて話せることです。
ペラペラ話せるという事ではありません。
というのも、そういう男性が苦手な女性もいるからです。
モテる男性は、相手に合わせて会話が出来ます。

 

女性と話す機会というのは、誰でも作れる

 

女性と話すのが苦手な凡人会社員が、克服した方法を紹介するサイト 

 

では、一体どうすれば女性と話すことに関する苦手意識を克服出来るのでしょうか。

 

先ほども書いたように、原理原則の考えとしては経験次第です。
ということは、女性と話す経験を積み重ねていくという選択肢も浮上しますよね。

 

幸いな事に、今の時代は女性と話す機会は幾らでも作れます。
ですから、この経験自体はその気さえあれば積めるのです。

 

但し、この選択肢は現実的とはいえません。
ですから、実行するのは賢い選択ではないのです。

 

何故かというと、苦手な男性が女性と話してもうまくいかないからです。
別の言い方をすれば、女性は楽しいと思わないから嫌なのです。
また話したいとは思わないので、その女性との連絡は途絶えることになります。

 

苦手意識を持っている男性が、女性と話す場所として最適なのは出会い系です。
出会い系が練習の場、話す場所に相応しい理由については、「女性と話せる場所の注意点!一番最適な場所はどこなのか」をご覧下さい。

 

ですが、幾ら適している出会い系を使っても、会話が苦手なままだと失敗する可能性が高いのです。
苦手なまま、会話が下手な状態だからです。

 

出会う、知り合う事はさほど難しく有りません。
事実、彼女いない歴=年齢の男性なども、出会い系で知り合っています。
サイト内のメールのことをサイトメールと言いますが、これはできるんです。

 

ただ、大半の男性がサイトメールが途中で途絶えます。
運よくLINE交換できても、これも既読スルーされて途絶えます。

 

どうしてだー!となるわけですが、これは会話力が低すぎるからなのです。
諦めずに続けていけば上手になりますが、時間が掛かります。
幾ら出会い系とは言え、最初からこの状態だと続ける気が失せてしまう方もいると思います。

 

なので、出会い系などで女性と会話をする前に、あることをするべきなのです。
簡単に言えば、ある程度女性と上手に話せるようになりましょうということですね。

 

女性と上手に話せるようになるには

 

女性と話すのが苦手な凡人会社員が、克服した方法を紹介するサイト 

 

ではですね、どうすれば女性と上手に話せるようになっていると思いますか。
何をすれば良いのでしょうか。

 

経験次第なのですが、その経験不足を別の方法で補う事が出来るのです。

 

1つ例を挙げます。
アルバイトか仕事を想像してください。

 

初めてのアルバイト、新卒社員の初出勤です。
当然未経験ですから緊張するし、何も出来ませんよね。
でもそれは経験が無いからです。当然です。

 

例えば接客の仕事でも、アルバイト初日の子を接客させません。
何も出来ませんし、お客様も不安に感じるからです。

 

ですから、その前にまず研修を行ないます。
そこで未経験、経験不足の分を補うのです。
中にはロープレなどもあると思います。

 

これによって、ある程度の仕事は出来るようになっています。
実際に働いた経験が無くても、学習によって補う事は出来るのです。

 

ということは、、、お分かりですよね。

 

女性と話すことに関しても、学習によって経験を補えるのです。
苦手意識があるのであれば、まずは学習する事で低い会話力をある程度まで引き上げる方が絶対に良いです。

 

その上で、出会い系などを使い女性と話したほうが、失敗も減らせます。
後ほど紹介しますが、勉強するだけでもかなり良いですよ。
大半の男性は、会話に関して学習とか向上させませんから。

 

なので、学習するだけでもそこに違いが生まれます。
女性も話をしていて差を感じるので、一気に優位に立てるのです。

 

問題となるのは学習の方法ですよね。

 

  • 教室
  • セミナー

などが浮かぶと思います。

 

女性と話すのが苦手な凡人会社員が、克服した方法を紹介するサイト 

 

実は僕自身、女性に関する書籍などは購入しました。
ですが、ハッキリいって役に立つ本は殆ど無いです。
本も専門の物は殆ど無いですし、恋愛系の書籍で1章分だけ割かれているだけなんですね。

 

それに、、、会話は動作などもありますから、活字で学ぶのは不適当です。

 

とは言え、教室やセミナーも微妙なんですよね(笑)
といいいますが、学べる教室やセミナーなんてないんです。
ニッチ過ぎるのと、恥ずかしいから通いにくい方もいるのだと思います。

 

とはいえ、まだ選択肢は残されています。
そして僕がオススメする方法も、まさにその方法なのです。